Kensington Diamondsが考える 理想のダイヤモンドの選び方

婚約指輪選びは一生に一回の大切なイベントです。

ダイヤモンド選びが初めての方でも、Kensington Diamondsのガイドを参考にして頂ければ、きっと理想的なダイヤモンドが見つかることでしょう。まず、ダイヤモンドを選ぶ基準として5つの品質基準がある事をご存知ですか?

ダイヤモンドの形(Shape)カラット(Carat)カット・輝き(Cut)カラー(Color)透明性(Clarity) それぞれの詳細については下記をご覧ください。

ダイヤモンドの5つの品質基準

  • SHAPE(形)

    ダイヤモンドが最終的に織りなす形

  • CUT(カット)

    ダイヤモンドの輝きカットの対称性や研磨状態を表す

  • CARAT WEIGHT (カラット)

    ダイヤモンドの重量、つまり大きさ

  • COLOR(カラー)

    ダイヤモンドの色を表す基準無色透明なダイヤモンド程希少性が高い

  • CLARITY(クラリティ)

    ダイヤモンドの透明性自然にできる内包物の数と大きさを表す基準

ダイヤモンドの形

Kensington Diamondsでは6つのダイヤモンドの形を取り揃えています。最も人気が高く、世界で売ら れている約70%のダイヤモンドはブリリアントカット・ラウンドと呼ばれる丸い形のダイヤモンドです 。Kensington Diamondsではブリリアントカット以外にもプリンセス(Princess)オーブル(Oval)マーキー ス(Marquise)ペア( Pear)クッション(Cushion)など数多く取り揃えています。

その他にも、アッシャー (Asscher)エメラルド(Emerald)ハート( Heart)ラディエント( Radiant)もお問い合わせ頂ければご提供 可能です。ぜひ一度お問い合わせ下さい。

Shape

ダイヤモンド

ダイヤモンドのカット

Kensington Diamondsではカットの品質こそがダイヤモンドをお選び頂く上 で最も重要だと考えます。ダイヤモンドの見た目の美しさには4つのC(Cut, Color, Carat, Clarity)それぞれ重要ではありますが、カットが理想的なダイヤ モンドだけが最高に美しい輝きを放ちます。カットとはダイヤモンドの形を 表している訳ではなく、研磨された石のファセット(面)の配置、対称性、角度 の正確性を表しています。

Kensington Diamondsでご提供しているカットグレ ードは最高品質のExcellentからVery Goodだけ、美しい輝きと煌めきを放つ ダイヤモンドのみに限定しています。トリプル・エクセレント・カットのダイヤ モンドはカット、シンメトリー(対称性)、ポリッシュ(磨き)の3要素が理想的 なダイヤモンドにのみ与えられる最高品質の証です。

カット

ダイヤモンド
Kensington Diamondsで取り扱いあり
Kensington Diamondsで取り扱いなし

ダイヤモンドのカラット

ダイヤの大きさはどれくらいが良いですか」というご質問をお客様から頂くことが あります。

お客様のお好みや重要視したい要素は皆さま違うため、もちろん一概には言えま せん。

最高品質のクオリティを好むお客様もいらっしゃれば、カラットの大きいダイヤモン ドを好む方もいらっしゃいます。 お客様のご要望に合った理想のダイヤモンドを探すお手伝いをさせて下さい

ダイヤモンド

ダイヤモンドのカラー

カラーとは、ダイヤモンドがいかに無色透明で白い輝きを放つかを表す品質基準 です。

一般的にダイヤモンドは無色透明のColorless (無色)が最高品質とされます。 G.I.A(米国宝石学会)が定めるカラーの基準は、無色透明で白い輝きを放つとさ れるDカラーから、黄色味をおびたZカラーまでの23段階です。ランクを降る程に 黄色味が強くなります。

Kensington DiamondsではColorless (無色)のD-Fと、Near Colorless (ほぼ無色) H-Jのみお取り扱いしております。

ダイヤモンド
Kensington Diamonds 取り扱いあり
Kensington Diamonds では取り扱いがございません

ダイヤモンドのクラリティ

ダイヤモンドのクラリティとは透明性、つまり自然にできる内包物がいかに少なく 透き通った石であるかを測っています。ダイヤモンドは地下150-190Kmで、ものす ごい高熱と圧力によって出来ています。その為、殆どのダイヤモンドは小さな傷や ヒビ、極小の黒点などの内包物を含んでいます。これら内包物は熟練のプロフェッ ショナルでさえも裸眼で見つけることが難しく、10倍拡大鏡で見ない限り、ダイヤ モンドの見た目に大きく影響するものではありません。

内包物の少ない程ダイヤモンドはクラリティのグレードと希少価値が高くなりま す。フローレス(Flawless)が最もグレードが高く、下はインクルーデット(Included)ま で下がります。

ダイヤモンド
  1. フローレス
  2. インターナリー・フローレス
  3. ベリー・ベリー・スライト
  4. ベリー・スライト
  5. スライト
  6. インクルード ダイヤモンド
  • フローレス
  • インターナリー・フローレス
  • ベリー・ベリー・スライト
  • ベリー・スライト
  • スライト
  • インクルード ダイヤモンド
Kensington Diamonds ではVS1より下のクラリティグレードは取り扱いがございません

FLUORESCENCE(蛍光性)とは?

4Cの品質基準には含まれませんが、フロレッセンス(Fluorescence)はダイヤモンドの蛍光性を表します。

蛍光性の強いダイヤモン ドは紫外線を照射した際に青く光る傾向があり、自然光の下では濁って見えることがある為、蛍光性のないダイヤモンドの方が品 質が高いとされています。

ダイヤモンドの蛍光性は5段階あり、蛍光性が無い(None)僅かにある(Faint)中くらい(Medium)蛍光 性が強い(Strong)蛍光性がとても強い( Very Strong)です。Kensington Diamondsではフロレッスンスの弱い石を中心に取り扱っています。

KENSINGTON ダイヤモンド選びの完全ガイド

ダイヤモンド選びのポイントを丁寧に解説致します。

Eメールアドレスを入力して今すぐ完全ガイドを入手。